地域

仙台でヒゲ脱毛する方法とは?おすすめの脱毛はこれだ!

仙台で永久ヒゲ脱毛する方法

ヒゲ脱毛をしたい仙台の男性には、医療脱毛が一番です。

光脱毛は、ヒゲの量や濃さを一時的に減らすことができますが、完全になくすことはできません。
家庭用脱毛器やエステ、メンズサロン、セルフ脱毛店などで受けることができますが、効果は持続しません。

仙台でヒゲ脱毛をするなら、医療機関で医療レーザー脱毛を受けることをお勧めします。
医療レーザー脱毛は、ヒゲの毛根を破壊して永久に生えなくすることができます。髭剃りの手間や肌荒れの心配もなくなります。

ヒゲ脱毛するのであれば、医療脱毛がおすすめな理由

ヒゲ脱毛に興味がある方は多いと思いますが、どのような方法で行うか迷っている方もいらっしゃるでしょう。

ヒゲ脱毛には、自己処理やエステ脱毛、医療脱毛など様々な方法がありますが、その中でも医療脱毛がおすすめな理由をお伝えします。

仙台でヒゲ脱毛をご希望の方は、ほとんどの方が脱毛後に髭剃りの必要がなくなることを望んでいると思います。
そのためには医療機関でしか受けられない、医療レーザー脱毛で永久脱毛するのが最適です。

医療脱毛がおすすめな理由は以下の通りです。

  • 脱毛の効果が高い
  • 肌への負担が少ない
  • 脱毛後のアフターケアが充実している
  • 直ぐにトラブルに対応できる

それでは、それぞれの理由について、詳しくご説明します。

脱毛の効果が高い

医療脱毛とは、毛根にレーザーや光を照射して、毛の成長を妨げる方法です。

自分で剃ったりエステで施術したりするよりも、より強いエネルギーを使えるので、効果が高く、永久的にヒゲの量を減らすことができます。

ヒゲの太さや色によっても効果は異なりますが、医療脱毛は濃くて太いヒゲにも効果的です。

仙台でヒゲ脱毛をしたい方は、多くの方が脱毛後に髭剃りが不要になりたいと思っていると思いますが、その目的を達成するには医療機関でしか受けられない医療レーザー脱毛が最適です。

肌へのリスク少ない

医療脱毛は、医師や看護師の専門的な技術によって行われるため、肌へのリスクを極力減らすことができます。

肌のタイプやヒゲの濃さに合わせて、レーザーや光の強さや時間を調整できます。

また、冷却ジェルや冷却機器を使うことで、熱さや痛みを和らげることが可能です。

自分で処理するとかエステで脱毛するとかすると、肌にダメージを与えてしまって、赤みやかゆみや埋没毛などのトラブルが発生しやすいですが、医療脱毛ならそれらを防ぐことができます。

アフターケアが充実している

医療脱毛の場合、施術後には肌のトラブルを防ぐために、専門のスタッフが薬や保湿剤、冷却剤などを使って肌をケアします。

万が一、施術後に肌に異常が見られたら、医師や看護師がすぐに対処してくれます。

自己処理やエステ脱毛の場合、施術後の肌のケアは自分で行わなければなりませんが、必要な薬やケア用品は手に入りません。

そのため、肌にトラブルが起こっても対応できず、悪化する可能性が高いです。

脱毛後のトラブルに対応できる

医療脱毛は、トラブルが発生した際にも、医師や看護師が素早く正確に対処してくれるので安心です。

レーザーや光による火傷や色素沈着、アレルギー反応などの深刻なトラブルにも、医療機関ならば薬剤や注射などの治療が可能です。

自己処理やエステ脱毛では、トラブルに対応できるスタッフや設備が不十分であり、医療行為もできません。

そのため、提携している医療機関に自分で足を運ばなければなりません

場合によっては、その費用も自己負担となりますし、提携医療機関が存在しないこともあります。

このように、仙台でヒゲ脱毛をするなら、医療脱毛がおすすめです。

ヒゲ脱毛は、自分の顔に直結することですから、安全性や効果性を優先して選ぶべきです。

医療脱毛は、高度な技術と信頼性を備えた方法ですので、ヒゲ脱毛を検討している方はぜひ参考にしてください。

脱毛サロンのヒゲ脱毛が勧めできない理由

仙台でヒゲ脱毛をしたいと思っている方は、脱毛サロンやエステサロンで行われる光脱毛について、よく知っておく必要があります。
光脱毛はヒゲ脱毛に向いていないというデメリットが多くあります。

光脱毛は毛根に一時的なダメージを与えるだけで、根本的に破壊することはできません。
その結果、永久的な脱毛効果は得られません。

さらに、ヒゲの生え変わりの周期は個人差が大きく、約3ヶ月という目安もあてになりません。
光脱毛はこの周期に沿って施術する必要がありますが、正確に判断することは困難です。

また、ヒゲの濃さや色によっても光脱毛の効果は異なります。濃い色のヒゲほど光に反応しやすく、薄い色のヒゲほど反応しにくいです。

このように、光脱毛はヒゲ脱毛に適していない方法です。
ヒゲ脱毛を本格的に行いたい方は、医療レーザー脱毛を選ぶべきです。

 

 

光脱毛では毛根を完全に破壊できない

光脱毛は、レーザーや電気針とは異なり、毛根にダメージを与えるのではなく、毛の成長サイクルに応じて毛を除去する方法です。

その結果、毛根が残っている限り、再び毛が生える可能性が高いです。
光脱毛は、一時的にヒゲの量を減らすことは可能ですが、ヒゲを永久に消すことはできません。

ヒゲの成長サイクルは個人差が大きい

ヒゲの生え方は個人差があります。
ヒゲの毛は、成長期、退行期、休止期の3つのサイクルを繰り返していますが、その期間や割合は人によって違います
光脱毛は成長期の毛にしか効かないので、ヒゲの生え方に合わせて何度もやる必要があります。

でも、ヒゲの生え方は一定ではなくて予想ができないので、いつどれだけやるかを決めるのは大変です。
それに、ヒゲの生え方は年齢やホルモンバランスによって変わることもあるんです。
だから、光脱毛でヒゲを完全になくすことはほとんどできません。

さらに、脱毛は医療行為として扱われるので、レーザーみたいな強い光を当てることもできないんです。
もちろんレーザー脱毛器を使うことも法律でダメです。

ヒゲの濃さや色によって効果が変わる

光脱毛は、メラニン色素に反応して熱を出す方法です。
メラニン色素が多いヒゲは、光脱毛でよく効きますが、メラニン色素が少ないヒゲは、光脱毛であまり効きません。

肌の色も大事です。肌が白い人は、光脱毛でよく効きますが、肌が黒い人は、光脱毛であまり効きません。

それは、肌にもメラニン色素があるからです。肌とヒゲの色の差が大きい人は、光脱毛でよく効きます。

だから、光脱毛は、黒いヒゲと白い肌の人に向いていますが、それでも完全になくすことはできません。
逆に、金髪や赤髪のヒゲや日焼けした肌の人には向いていません。

レーザー脱毛も同じようなことがいえますが、レーザー脱毛は、熱が強くて永久的になくすことができます

レーザー脱毛には、熱をためるタイプの脱毛器もありますし、熱が弱くて肌に優しいタイプの脱毛器もあります。
熱をためるタイプの脱毛器については次で説明します。

熱破壊式脱毛器と蓄熱式脱毛器についての特徴と違い

医療脱毛には、大きく分けて2つの方法があります。

一つは、毛根に熱を当てて壊すレーザー脱毛で、もう一つは、毛根に熱をためて脱毛する光脱毛です。

ヒゲ脱毛には両方の方法が有効ですが、名古屋で医療脱毛をするなら、熱破壊式と蓄熱式の両方が使用可能な脱毛クリニックを探すといいです。

次に、熱破壊式蓄熱式のそれぞれの特徴と違いを詳しく説明します。

熱破壊式脱毛器とは

レーザー脱毛器の中でも、熱破壊式と呼ばれるものは、毛根に高出力のレーザーを短時間だけ照射して、毛根を破壊する仕組みです。

この方法は、レーザー脱毛器の歴史の中で最も古くからあるものです。

メリット

  •  一回の施術で高い効果が期待できる
  •  施術時間が短い
  •  毛周期に関係なく施術できる

 デメリット

  • 痛みが強い
  •  肌への負担が大きい
  •  火傷や色素沈着などの副作用が起こりやすい
  •  蓄熱式脱毛器

蓄熱式脱毛器とは

蓄熱式脱毛器は、毛根に熱をためて、新しい毛が生えないようにする脱毛機です。
レーザーを弱くても長く照射すると、毛根に熱が蓄積されます。
この方法は、生えてきた毛の黒い色素に熱を集める方法ではないので、毛の生え変わりのタイミングに関係なく、効果的に脱毛できます。

蓄熱式脱毛器の効果は、毛根の一部であるバルジに特に現れます。
バルジとは、毛包の中で毛を作る細胞が増えたり変化したりする場所のことです。
毛包は、皮膚の中にある毛の根元の部分で、毛の色や形を決めます。

バルジは、毛包の中で一番上にあって、毛の生え変わりに合わせて変わります。
バルジに熱がたまると、毛を作る細胞が死んで、毛が生えなくなります
蓄熱式脱毛器は、バルジに傷をつけることで、ずっと脱毛した状態を保てる言われています。

 メリット

  • 熱による痛みが少ない
  • 肌へのダメージが小さい
  • 副作用が発生しにくい
  • 毛周期を気にする必要がない

 デメリット

  • 一回の施術での効果があまり感じられない
  • 脱毛回数が多く必要なことがある
  • 照射しててすぐに毛が抜けない

 

-地域